About

滓袋タケオ

Takeo Kasubukuro

 

日本生まれ。

絶叫的画家、イラストレーター、デザイナー。

ロックや怪物、映画、妄想、私小説、裏路地、シュルレアリスム、漫画を好み、その影響を受けた作品を制作。

そもそも絶叫的画家の「絶叫」にはどういった意味合いが含まれているのか。

 思うに、絶叫とは恐らく最古の言語であり、感情表現である。狩猟採集で生活をしていた時代から、インターネットで生活の一部を営む現代に到れども変わる事なく人間の感情を表現し続けている。喜怒哀楽、どの感情をとってもそれぞれが頂点に達した時には絶叫を伴う。

 そんな原始的であり、一種反理性的とも言える絶叫は自分にとって発声を伴った外的なものだけではなく、実際には叫ぶ事無く絶叫する内面的なものも珍しく無い。

 例えば、悔しい時や嬉しい時、苦しい時、そして良いものに出会い、胸を衝かれた時に感嘆としての内面的絶叫が発生する。

 そして何より、自分はロックミュージックが好きであり、その歌唱に於いて声を枯らす所謂”シャウト”に異様な魅力を感じることも、先述の絶叫観と通ずるものがあり、自分という人間を表す言葉として最適であると思い至った為、画家の前に「絶叫」と冠した訳である。

 この様に、「絶叫」とは、様々な感情の原始的発露としての意味合いと、作家、滓袋タケオの根幹を成すロック音楽への嗜好とが共鳴し、同一性を表す言葉として使用されている。

自身の作品をグッズとして制作、販売する絶叫制手工業ブランド絶叫工房を主催する。

I was born in Japan.

Illustrator , Painter , Designer .

I like RocknRoll and Monster , Movie , Delusion , A novel , Back alley , Surrealism , Manga.

First of all, what implications are included in screaming “screaming” by screaming painters?

I think screaming is perhaps the oldest language and expression of emotion. From the time I lived in hunter gathering, I continued to express human emotions without changing even in the modern era which carries out a part of my life on the Internet. Emotions and sorrows, every emotion will accompany screaming when they reach the apex.

Such primitive and scary scream that can be said to be reflexive is not just external things accompanied by voices for myself, but inside things that scream without actually shouting are not unusual either.

For example, an inner scream occurs as admiration when it is regretful, happy, painful, encounters good things, and when you hit your heart.

And above all, I like rock music, and I feel strange attraction at the so-called “shout” that voices in that singing, as well as something that goes with the screaming scout described above, and as a word expressing myself as myself It was thought that it was optimal, and it caught “screaming” in front of a painter.

In this way, “screaming” means that the meaning as primitive evolution of various emotions and the taste for rock music forming the backbone of the author and Takeo Kasubukuro resonate and is used as a word expressing identity There.

I organize Zeckyo-Studio , it craft and sell my graphic goods.

takeo kas